今でこそ、目に耳にするようになった和婚という言葉。
私が自分自身の結婚式を挙げた頃はちょうど和婚という言葉が出始めた頃でした。

昨今増加の一途を辿るフリーランスのウェディングプランナーも、
私がそう名乗り始めた頃は片手で足りる人数しかおりませんでした。

ウェディングプロデュース会社自体も少数で、
実際に蓋を開けてみると結婚式場紹介所だったという時代でした。

祝言を取り扱うプランナーや会場は皆無。
インターネットが充実する前のことですので、
民俗学や歴史の資料、お年寄りからのヒアリングなど、
フィールドワークを中心に祝言について研究していきました。

それから十数年が経ち、
和婚は世間に深く浸透しましたし、
祝言も昔よりは格段に多く取り扱われるようになりました。

今では私も和婚や祝言のプランナーとして、
第一人者と呼ばれるようになり、感慨深いものが胸にあります。

結婚式のサポートのほかに、
旅館などの和婚事業コンサルティングや、
テレビなどの時代考証やアドバイスをさせていただいたり、
おかげさまで幅広い分野にお声かけをいただいております。

婚礼に関することであればお気軽にご相談ください。

祝言研究家 内田久邇子